CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BlogPeople
RANDOM RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スポーツ読み物
創刊2号目の「VS.(バーサス)」、今回も面白そうな気配が…。
中田英寿、川口能活、朴智星、トルシエ、デポル(サッカー)、佐藤琢磨(F1)、田臥勇太(バスケ)、etc...。
オレ的に興味をそそられる記事が、立ち読みで済ませられないほどいっぱい…。
また買ってしまいそうだ。

今号の「Number」も面白そう。
今やバルサのキャプテンのプジョル、バルサへの想いを語る。
ロイ・キーン、マンUの現状に物申す。
イチローの記録達成に関するロングインタビュー。
このあたりは是非読みたい。
これも買おうかなぁ。

そーいや、ちょっと前に創刊された日本初のサッカー専門新聞「EL GOLAZO」、あれどーなんでしょうね。
読んでる人もほとんど見かけないし、コンビニやキオスクでも置いてなかったり…(売れてるってことか?)。
創刊号だけ買って読んでみましたけど、正直毎回買おうとは思いませんでした。
何しろ初ですから、すべてが試行錯誤の状態で大変なんでしょうけど。
きっとだんだん良くはなっていくんでしょう。
ちょっとした暇つぶしにはいいかもね。
| BOOK! | 13:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
VS.
コンビニの雑誌コーナーでふと目に入った松井秀喜の横顔。
見慣れないその雑誌の表紙には、松井の顔と雑誌タイトル以外に内容を紹介する小見出し的なものすらほとんどない。
極めてシンプルな表紙ながら、多くの雑誌が並ぶ中で、ベストインパクト。
気になって手に取り、買っちゃいました。
見事に戦略にハマった感アリ(笑)

VS. (月刊バーサス創刊号)

文章量の多めな、読ませる系のスポーツ雑誌です。
紙面デザインがなかなか面白い。「Number」みたいに躍動感のある写真を前面に押し出したダイナミックなかっこよさではなく、余白や行間を大きく取ったり、罫線をうまく使ったり、どことなくエレガンスさを漂わせる紙面作り。
以前の「サッカー批評」に近いイメージかな。 あれほど凝りまくってはいないけど。

つーかサッカー批評、編集長が変わってからダメじゃね?
取り上げるテーマがイマイチ面白くないってのもあるんだけど、紙面デザインも普通っぽくなっちゃったし、表紙もダサい。
内容的にも読者層を広げようとした結果なのか、以前ほどマニアックではないよね。
あのマニアック感がまた良かったのに…。
値段が少し下がったこと以外に良くなったと感じるとこが見当たらない。

ああ、話が逸れました。
VS.です。
オールカラーで結構なボリュームながら680円。 まぁ広告ページがかなり多いですが…。
活字好きでスポーツ全般に興味のある人にとっては楽しめる雑誌かも。
ただ今回は創刊号ってことで気合入ってたんだろうけど、月刊誌でこの質を維持し続けられるのかは、ちょっと今後を見てみないとわからないですけどね。

ちなみに、まだ半分も読んでないんですけど、ホワイトソックス高津臣吾の記事を書いたライターはいかがなものか?と思いました(笑) 内容ではなく文章力が。
他は今のところ特に酷いとは思いませんけど。
| BOOK! | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
キルドレ
最近読んだ本でも。

 スカイ・クロラ  ● スカイ・クロラ 森博嗣 著 [ BOOK ]

 ナ・バ・テア  ● ナ・バ・テア 森博嗣 著 [ BOOK ]

装丁がキレイだなぁ…。
って手に取った本です。 べつに森博嗣を知らなかったわけじゃないけど。

「スカイ・クロラ」は何年か前に出版されたもので、「ナ・バ・テア」はその続編。 最近出ました。 続編? まぁ話的に続きってわけではないけど…。

続きを読む >>
| BOOK! | 23:44 | comments(0) | trackbacks(2) |
ビボーロク
もひとつ。

 山本昌邦備忘録  ● 山本昌邦 備忘録 [ BOOK ]

まぁ今更っちゃぁ今更なんですけどね。

2002年日韓W杯に臨んだトルシエ日本代表のコーチとして、内側から見て感じたことを「おい、そんなことまで書いていいのか…?」と思うくらいに直球で書き綴った暴露本。 と言えないこともない。
トルシエの奇妙な選手交代に関する複雑な裏事情やら、コンフェデレーションズカップでの中田ヒデ招集問題やら、なんやらかんやら。 外側から見てただけじゃわからなかった細かい事件や情報が満載。

コアなサッカーファンの方はこんなのとっくの昔に読んでるんでしょうけど、実はオレ半年くらい前に読んだんです。 出た当初はちょっと読んでみたかったんですけどね、その後すっかり忘れてて、偶然図書館で見かけて借りました。 もうずいぶんと昔話みたいな感じもしますけど、それでも充分面白かった。 トルシエ日本、インパクトありましたからねぇ。 いろんな意味で。

この本、文庫化されたみたいですし、サッカー好き、日本代表好きな人は読んどくと面白いですよ。
ほら、もうすぐオリンピック始まりますし。
トルシエの影響を色濃く受け継いだ、山本昌邦監督率いるU-23日本代表の戦いぶりを見るにあたって、彼のサッカーに対する考え方を多少知っておくのも一興かと。

山本昌邦オフィシャルHP
 
| BOOK! | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
男脳 × 女脳
前半終了。
男脳 1 - 5 女脳

「話を聞かない男、地図が読めない女」っていう3〜4年前のベストセラー本を今更ながら読んでるんですけど、コレがなかなか興味深い。 いや、まだ途中なんですけどね。
男と女は根本的に脳の作りが違うんですよ。 物事の捉え方や思考回路まで全然違う。 そういったお互いの特性を認識することで、無駄な諍いやすれ違いを多少は回避できるし、少しでも良い関係が築けるんじゃないかな? とか、そーいったお話。

まぁ書いてあることを全面的に信用するかどーかは別として、オモロイです。
「ああ、確かに……」って納得できちゃうことが満載。
「男は一度にひとつのことしかできない」とか「ストレスやプレッシャーがかかると、女はしゃべる、男は黙る」とか。
続きを読む >>
| BOOK! | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |